2.8 ファイル管理機能を利用する

2020年7月20日

2.8 ファイル管理機能を利用する

2.8.1 ファイル管理機能

30MB以上のメールを送信したい場合は、ファイル管理機能を利用することによって、他の方へファイルを受け渡すことが出来ます。

注意事項
Active!Mailのファイル管理機能でアップロードできる最大容量は50MBとなります。
また、1ユーザに割り当てられるディスク使用量は合計500MBとなっております。
なお、この機能で使用するディスク使用量はエンドユーザ作成時に割り当てるユーザディスク容量とは別になります。

(1)  をクリックします。

(2)  [アップロード]をクリックします。

手順2の図

(3)  ファイルアップロードの画面が開きますので、 をクリックします。

手順3の図(参照ボタンをクリック)

(4)  アップロードするファイルの選択画面が開きます。

手順4の図

(5)  ファイル選択後、右下の[開く]をクリックします。

手順5の図

(6)  確認画面が開きますので、  をクリックします。

手順6の図(アップロードボタンをクリック)

(7)  アップロードが完了すると、ファイル管理機能画面に戻ります。

手順7の図

(8)  共有したいファイルにチェックを入れ、 をクリックします。

手順8の図(チケット発行ボタンをクリック)

(9)  ダウンロードチケット発行画面が開きます。

手順9の図

(10)  ダウンロードチケットの各種設定を行います。

手順10の図

各設定項目について

①ダウンロード期限
ダウンロードチケットを利用して、ダウンロード出来る期限を設定します。

②ダウンロード回数
ダウンロード出来る回数を設定します。
最大で5回までとなります。

③パスワード設定
ダウンロード時のパスワードロックを設定します。
●パスワードを設定しない(パスワードは設定されません)
●次のパスワードを設定する(パスワードをお客さまにて任意で設定します)
●システムで自動設定する(パスワードをシステム側で自動的に設定します)

④パスワードの送信方法
ダウンロード時のパスワード通知方法を設定します。
●パスワードをメールで送らない(パスワードをメールで送らない設定にします)
 ※パスワード無の際は、この項目以外の選択はできません
●パスワードをメールで送る(パスワードをメールで送信します)
●次のヒントをメールで送る(パスワードではなく、解除のヒントを送信します。例:本日の日付)

(11)  各項目を設定後、 をクリックします。

手順11の図(メール作成へボタンをクリック)

(12)  メール作成画面が開きますので、宛先、件名、本文を入力します。

手順12の図
アドバイス
ファイル管理機能を利用して、ファイルを共有する場合は、宛先はBCCのみが利用できます。

(13)  入力が完了したら、  をクリックします。

手順13の図(送信ボタンをクリック)

(14)  送信完了画面が表示されますので、 をクリックして送信は完了です。

手順14の図(メッセージ:メールが送信されました。メール作成ウィンドウを閉じます。)

(15)  宛先に対し、ファイルをダウンロードするためのURLと、パスワード情報が メールで通知されます。通知メールのサンプルは「2.9 参考情報 (ファイル管理機能の通知メールサンプル)」をご参照ください