4.4 WebDAV

2020年8月5日

4.4 WebDAV

4.4.1 WebDAVの概要

サーバーにID、パスワード付のファイル共有用のフォルダを作成し、ファイル共有サーバーとして利用します。当機能をWebDAV(ウェブダブ)  と言います。

4.4.2 共有フォルダとユーザーの追加設定

1. コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」より、[基本アプリ]をクリックします。

手順1の図

2. 「基本アプリ」の画面が表示されましたら、[WebDAV]ボタンをクリックします。

手順2の図

3. [新規作成]をクリックします。

手順3の図

4. フォルダ名と説明を入力し、保存をクリックします。

手順4の図

5.「共有フォルダ名を追加しました。」と表示されましたら、フォルダの追加は完了です。

手順5の図

6. 続いて、WebDAVのユーザーを追加します。[ユーザー]をクリックします。

手順6の図

7. ユーザー名とパスワードを入力し、[保存]をクリックします。

手順7の図

8. 「ユーザーIDを追加しました」と表示されましたら、ユーザーの追加は完了です。

手順8の図
注意事項
メール&ウェブプレミアム r2で追加したユーザーとWebDAVのユーザーは別管理となります。

4.4.3 CarotDAVの導入

1. CarotDAVをインストールします。コントロールパネルの[データベース]からphpPgAdminの[無効化]をクリックします。

注意事項
・ファイル共有を行う端末全てに導入する必要があります。
・当ソフトウェアは一部を除き英語版となります。

2.  https://www.forest.impress.co.jp/library/software/carotdav/にアクセスし、CarotDAVをダウンロードします。

3. ダウンロードしたファイルを実行し、イントールを完了させてください。

4. CarotDAVを起動し、[File]をクリックし、「New Connection」から「WebDAV」をクリックします。

手順4の図

5. 「General」のタブが開きますので、必要な項目を入力します。

手順5の図
各入力項目について

①Setting Name
任意の名前を入力します。

②URI
https://c******.mwprem.net/dav/WebDAV名(共有フォルダ名)  を入力します。

③Username  ④Password
4.4.2 共有フォルダとユーザーの追加設定」で設定したユーザ名とパスワードを入力します。

6. [OK]をクリックします。
 以上でCarotDAVの設定は完了です。

注意事項
[Test]や[OK]のボタンがグレーアウトしている場合は、②URI の入力内容に誤りがあります。コントロールパネルのURLを参考に再度入力内容をご確認ください。

4.4.4 ファイルのアップロード・ダウンロード

1. 追加された設定の「Name」の項目をダブルクリックし、サーバーに接続します。

手順1の図

2. アドレス欄が緑色になれば接続できています。

手順2の図

3. アップロードしたいファイル、CarotDAVの画面へドラッグ&ドロップします。

手順3の図

4. ダウンロードは、ファイルを選択し、[Download]を右クリック、保存先を選択しダウンロードします。

手順4の図

契約ディスク容量が上限となります。各ユーザ毎の容量制限には依存しません。
ディスク容量の圧迫を避ける為、不要なファイルは定期的に削除してください。

大容量の添付ファイルを一度にアップロード・ダウンロードをすると、サーバーのレスポンスが低下する可能性があります。

CarotDAVのその他の利用方法についてはサポート対象外となります。インターネット情報等にてご確認ください。