4.7 保存メール閲覧

2020年7月13日

4.7 保存メール閲覧

保存メール一覧画面から、閲覧したいメールを選択し詳細を表示することができます。

1.保存メール一覧画面から、詳細を閲覧したいメールの【件名】をクリックします。

手順1の図

2.保存メール閲覧画面が表示されます。

手順2の図

改竄検知機能

保存メール閲覧画面では、メールの改竄検知を行い、結果を表示しています。
改竄がされていない場合は、以下のように表示されます。

改竄されていない場合の表示の図(表示メッセージ:改竄されていません。)

改竄されている場合は、以下のように表示されます。

改竄されている場合の表示の図(表示メッセージ:改竄されたっ可能性があります。)

適応ルール

保存メールに適応された送信/受信のルールを確認することができます。
通常は、たたまれた状態になっていますが、ボタンをクリックしますと、内容を閲覧することができます。

適応ルールの表示画面の図
適用ルールセット名

適用されたルールセットの名前が表示されます。

ルール名

適用されたルールの名前が表示されます。
ルールに該当しなかった場合は、「該当なし」と表示されます。

該当理由
該当理由が表示されます。
ドメイン名
ご契約のドメイン名が表示されます。
許可管理者
アクションが「保留」だった場合、保留後に「送信」または「削除」を行った管理者が表示されます。
日時:アクション

上段

上段には最初にアクションが実行された日時と、アクションを表示します。テストモードを利用した場合は、「テストモード」と表示されます。

下段 下段には、アクションが「保留」だった場合、保留後に「送信」または「削除」が行われた日時とアクションを表示します。

 『ルールセット』 『ルール』については、『7.2 ルール作成の流れ』を参照してください。