9.2 管理者設定

2020年7月20日

9.2 管理者設定

主管理者と副管理者について

「メール監査アーカイブ」ではドメイン主管理者と、ドメイン副管理者(以下、主管理者、副管理者)を設定し管理を行います。
主管理者は、管理者用コントロールパネルよりログインし、登録を行います。
副管理者は、主管理者より機能を制限して登録することが出来る管理者で、権限の使い分けによる管理が行えます。
各権限で利用できる機能については、後段の「副管理者の権限について」をご覧ください。

ドメイン主管理者
■登録可能数:1アドレス

■登録/変更方法
[アドレスの登録/変更]
 ホスティングオプション 管理者用コントロールパネル から実施
[パスワードの変更]
 メール監査アーカイブ コントロールパネル から実施

■利用可能な権限:全機能
ドメイン副管理者

■登録可能数:4アドレス

■登録/変更方法
 メール監査アーカイブ コントロールパネル から実施

■利用可能な権限
 フィルタ・保留権限
 保存メール権限

副管理者でログインした場合は、管理者設定画面では、自身のパスワードのみ、変更することができます。
主管理者、その他の副管理者の情報は表示されません。

<副管理者でログイン時の管理者画面>
[副管理者でログイン時の管理者画面]の図

副管理者の権限について

副管理者で利用できる機能は、設定された権限により以下になります。
なお、設定権限は、フィルタ保留権限/保存メール権限の両方を設定することもでき、両方設定しますと、副管理者の登録・変更以外は管理者と同じ権限となります。

利用できる機能 設定権限
フィルタ・保留権限 保存メール権限
フィルタリングルールの作成
保留メールの閲覧・操作(削除/再送/監査等)
保存メールの検索
保存メールの閲覧・操作(削除/再送/監査等)
レポート閲覧
基本設定の修正
通知メッセージの修正
管理者情報の変更 自身のパスワードのみ変更可能

副管理者の追加/変更/削除

管理者画面のトップページより、副管理者の追加/編集/削除を行えます。
登録、削除の方法は、以下の通りです。
各入力項目については、後段の「管理者設定の登録項目」をご参照ください。

副管理者の追加

副管理者を追加したい場合は、管理者画面でユーザ名、パスワード、権限を入力し、【追加】ボタンをクリックします。

[副管理者の追加]の図

副管理者の変更

管理者画面で、変更したい副管理者のパスワードまたは権限を選択し、【設定】ボタンをクリックします。

[副管理者の変更]の図

副管理者の削除

管理者画面で、削除したい副管理者の【削除】ボタンをクリックします。

[副管理者の削除]の図
アドバイス
主管理者の変更は、管理者用コントロールパネルより行えます。
詳細は、メール監査アーカイブ セットアップマニュアル「5.管理者の登録」の「管理者とは」の表を参照してください。
注意事項
同一アドレスを主管理者・副管理者両方に登録することはできません。
管理者種別を変更する場合には一旦登録されているアドレスを削除してから、新しい管理者種別にて再度登録してください。

管理者設定の登録項目

項目設定内容
ユーザ名1行目には、登録済みの主管理者が表示されます。
副管理者は、空白の箇所にユーザー名を入力します。(ドメインを含まないメールアカウントの部分)
既に副管理者が登録済みの場合は、登録されたメールアドレスが表示されます。
パスワード主管理者でログインしている場合は、自身のパスワードの設定/変更と、副管理者のパスワードの設定/変更を行うことができます。
副管理者でログインしている場合は、自身のパスワードの設定/変更のみを行うことができます。
ドメイン管理主管理者/副管理者の種別が表示されます。
1つのドメインあたりで、必ず主ドメイン管理者は1名となります。
フィルタ・保留権限保留メールの閲覧・操作の権限の有無が表示されます。
主管理者は必ずこの権限を持ち、副管理者へ権限を持たせる場合は、チェックを付けてください。
保存メール権限保存メールの閲覧・操作権限の有無が表示されます。
主管理者は必ずこの権限を持っており、副管理者へ権限を持たせる場合は、チェックを付けてください。