4. コントロールパネル

2022年2月9日

4.  コントロールパネル

メール監査アーカイブでご利用いただくコントロールパネルには、『ホスティングオプション管理者用コントロールパネル』と『メール監査アーカイブコントロールパネル』の2つがございます。

『ホスティングオプション管理者用コントロールパネル』はメール監査アーカイブの主管理者を登録や、アーカイブの設定を行うユーザーアカウント登録を行うコントロールパネルになります。

実際にアーカイブされたメールや、監査状況などを確認するのは、『メール監査アーカイブコントロールパネル』となります。

『Bizメール&ウェブプレミアムr2 コントロールパネル』と、『ホスティングオプション管理者用コントロールパネル』と『メール監査アーカイブコントロールパネル』の相関図
アドバイス
主管理者については、『5. 管理者の登録』の「主管理者の登録」を参照してください。

ホスティングオプション コントロールパネル

メール監査アーカイブの主管理者の登録を行う『管理者用コントロールパネル』のログイン方法についてご説明いたします。
お手元に「ご利用内容のご案内」をご準備下さい。

1.  以下のホスティングオプションサービス 管理者用コントロールパネルURLにアクセスします。

URL: https://option-cp.ocn.ad.jp

アドバイス
上記URLには、Bizメール&ウェブ プレミアム r2のコントロールパネルからもアクセス可能です。

1. Bizメール&ウェブ プレミアム r2のコントロールパネルへログインします。
2. 左側メニューの「メールサーバー」から「迷惑メールフィルタリング」をクリックし「ログイン画面を開く」のボタンクリックします。

2. ご利用内容のご案内に記載されている「ドメイン名」、「認証ID」、「認証パスワード」を入力し、ログインボタンをクリックします。

手順2の図(ホスティングオプションサービス管理者用コントロールパネルログイン画面)

● 2022年2月9日以降にログインする場合は、多要素認証が必要です。
 多要素認証の設定については、以下のマニュアルをご参照ください。

迷惑メールフィルタリング管理者用コントロールパネル設定マニュアル >「2.1 管理者用コントロールパネルへのログイン方法」

3. ホスティングオプション管理者用サービスコントロール画面のTOPページが表示されます。
この画面下部にある「主管理者アカウント管理」から、メール監査アーカイブの主管理者登録を行います。

手順3)の図

メール監査アーカイブサービス コントロールパネル

メール監査アーカイブのフィルター条件の設定や、ストレージへ保存されたメールの閲覧、保留メールの確認を行うことが出来る『メール監査アーカイブ専用コントロールパネル』へのログイン方法をご説明いたします。

1.  以下のURL、または『ご利用内容のご案内』記載のURLへアクセスし、メール監査アーカイブサービスコントロールパネルへアクセスし、ログイン画面を表示させます。

URL: https://mw-archive.ocn.ad.jp

手順1の図

2.  ホスティングオプション管理者用コントロールパネルより登録した、主管理者ユーザー名(メールアドレス)、パスワードを入力し、ログインボタンを押下します。

主管理者の登録については、『5. 管理者の登録』の「主管理者の登録」を参照してください。

手順2の図

3.  ログイン後、トップページが表示されます。

手順3の図

定期的なパスワード変更の実施について

セキュリティ向上のため、180日を超過して『メール監査アーカイブコントロールパネル』のパスワードを変更されていないアカウントについては、自動的なパスワード変更を実施しています。自動的にパスワードが変更されると、ログインができなくなりますので、定期的(前の変更から180日以内)なパスワード変更をお願いいたします。

1)前のパスワードを設定してから160日が経過すると、対象アカウントのメールアドレス宛に、パスワード変更の「事前周知メール」が送信されます。

※ 「事前周知メール」は、パスワードを変更して頂くまで毎日送信されます。
※ 主管理者アカウントへのメールは主管理者にのみ送信されますが、副管理者アカウントへのメールは、CCに主管理者アカウントを設定して送信されます。

<事前周知メール サンプル>

手順1)の図

2)前のパスワードを設定してから180日を超えると、自動的にパスワードが変更され、ログインができなくなります。

※ 対象アカウントのメールアドレス宛に、パスワード変更の「事後周知メール」が送信されます。
※ 主管理者アカウントへのメールは主管理者にのみ送信されますが、副管理者アカウントへのメールは、CCに主管理者アカウントを設定して送信されます。

<事後周知メール サンプル>

手順2)の図

3)自動的にパスワード変更されたのが「主管理者」の場合は、『オプションサービス 管理者用コントロールパネル』で、以下の手順でパスワードを再設定してください。

※ ログイン方法は『迷惑メールフィルタリング 管理者用コントロールパネル 設定マニュアル』の「2.1 管理者用コントロールパネルへのログイン方法」 をご確認ください。

①『オプションサービス管理者用コントロールパネル』のトップページで、管理メニュー:メール監査アーカイブの「主管理者アカウント管理」をクリックします。
手順3)①の図
②「メール監査アーカイブ: 管理者アカウント管理」画面で、以下を入力して[確認]をクリックします。

・新管理者アカウント:[現管理者アカウント]と同じアカウント
・パスワード    :再設定するパスワード
・パスワード(確認):再設定するパスワード

手順3)②の図
③確認画面で、入力した文字列に誤りがないことを確認のうえ、[実行]をクリックします。入力し直す場合は[キャンセル]をクリックすると入力画面に戻ります。
手順3)③の図
④「以下の様に管理者変更を実施しました」と表示されたら、パスワードの再設定は完了です。『メール監査アーカイブサービス コントロールパネル』で、ログインをお試しください。
手順3)④の図

4)自動的にパスワード変更されたのが「副管理者」の場合は、「主管理者」が『メール監査アーカイブサービス コントロールパネル』で、該当アカウントのパスワードを再設定してください。

手順4)の図