4.2 管理者と利用者について

2020年7月8日

4.2 管理者と利用者について

4.2.1 管理者とユーザーの違い・概念について

この項では、管理者とユーザーの違いについて説明します。

1.  サーバー管理者とユーザーの定義

本サービスにおけるユーザーには、下記の2種類があります。

「管理者」 契約者に対して本サービスから1つ払いだされるユーザーで、コントロールパネルから各種設定を行なうことができます。
サーバー管理者のID、初期パスワードは「ご利用内容のご案内」に記載されています。

「ユーザー」 管理者が独自に追加・設定できるユーザーです。ユーザーID、パスワードは管理者が独自に設定することが可能です。

管理者とユーザーの定義
「管理者とユーザーの定義」イメージ図

2.  利用者の権限 管理者は利用者に対し、下記3種類の権限を組み合わせて付与することができます。

・メール :メール送受信に関する権限です
・ファイル:ご契約サーバー上でのファイル操作に関する権限です

4.2.2 管理者の注意点

本サービスでは、アカウント作成の時点で、定められている基本ルールがあります。ユーザー登録に関する基本ルールを、次に示します。

・管理者権限は管理者1名のみが持ちます。

・管理者は、ドメイン管理者(対象ドメインのみに範囲が限定された管理権限を持つ)  とユーザー(管理者権限を持たないユーザー)  を登録できます。ユーザーに対しては、ユーザーの範囲に限定した権限付与が可能です。

・管理者は、全てのドメインに対して管理権限を持ちます。ドメイン管理者は対象ドメインのみの管理権限となります。

・管理者は、ユーザーに対して、メール、ファイルの権限を設定できます。メール、ファイルの権限はユーザーごとに個別の設定が可能です。

・管理者には、メール、ファイルの権限が付与されています。これらは削除できません。

アドバイス
ユーザーに付与した権限は、次の方針で運用することをお勧めします。
これは不要な権限や使用していない機能から、不正なアクセスなどを防ぐことが目的です。 

・使用しない権限は付与しない。

・使用を終了したアカウントは、速やかに「利用停止」とする。その後、必要に応じて削除をする。

・不要になった権限は、速やかに削除する。

・定期的に監査を実施し、不要なアカウントや不要な権限を洗い出す。

4.2.3 ユーザーに与える権限について

この項では、ユーザーに与える権限の詳細について説明します。
管理者から権限を付与されることにより、ユーザーはメールの送受信やファイル管理機能の利用ができるようになります。

(1)  メール権限

ユーザーにメールアドレスが付与され、メールの送受信が可能になります。
メール権限を持ったユーザーはユーザーID@お客さまドメイン名(例:shain1@example.jp)  のメールアドレスを持ちます。
メール権限を持たないユーザーはメールアドレスを持ちません。また本サービスのコントロールパネル上に「メール」のメニューが表示されません。

メールの詳細
メール権限を持つユーザーと持たないユーザーのイメージ図
注意事項
メール権限を持たないユーザーはウェブメールも利用できません。
アドバイス
メールの設定について、本書ではメール権限の設定方法のみ記載しております。
実際のメール送受信方法やメールソフトの設定につきましては、「メール設定マニュアル」をご参照ください。

(2)  ファイル権限

ファイル権限を持ったユーザーは、コントロールパネル経由またはFTPソフトを利用し、以下の作業が実行可能です。

ユーザー自身に割り当てられたディレクトリ内に関して
・ディレクトリやファイルのアップロード/ダウンロード
・ディレクトリやファイルの参照
・ディレクトリやファイルの作成/削除
・ディレクトリやファイルのアクセス権限変更